奥野卓司(おくのたくじ,OKUNO Takuji)

学術博士/専門社会調査士

関西学院大学 先端社会研究所長社会学部教授/大学院社会学研究科教授/(公益財団法人)山階鳥類研究所所長(所長就任あいさつはこちら

メールアドレス:okuno@kwansei.ac.jp

略歴

  • 1950年8月8日 京都市生まれ
  • 1974年 京都工芸繊維大学繊維学部卒業
  • 1978年 京都工芸繊維大学大学院修了
  • 1978年 米国国務省国際交流計画による国費留学(INSTITUTE OF INTERNATIONAL EDUCATION)
  • 1982年 京都芸術短期専任講師
  • 1986年 同短期大学芸術文化研究所助教授
  • 1989年 イリノイ大学人類学部客員准教授
  • 1991年 甲南大学文学部社会学課助教授
  • 1994年 甲南大学文学部社会学課教授
  • 1997年 現職および関西学院大学大学院社会学研究科教授(現在に至る)
  • 2005年〜2008年 関西学院大学情報メディア教育センター長
  • 2008年〜2010年 同大学社会学部教務主任
  • 2008年〜2016年 同大学大学評議員
  • 2008年〜2016年 同大学先端社会研究所運営委員・研究員
  • 2008年〜2011年 国立国際日本文化研究センター客員教授
  • 2010年〜2016年 関西学院大学大学図書館長
  • 2010年〜2016年 同大学ゼロカ−ボン社会特定研究プロジェクトセンタ−長
  • 2012年〜2015年 公益財団法人 山階鳥類研究所特任研究員
  • 2015年〜2017年 (公財)山階鳥類研究所副所長・理事
  • 2012年〜 放送大学大学院客員教授(現在に至る)
  • 2014年〜 京都市美術館・動物園学術顧問(現在に至る)
  • 2016年〜 関西学院大学 先端社会研究所所長(現在に至る)
  • 2017年〜 (公財)山階鳥類研究所所長(現在に至る)
  • 2017年〜 我孫子市鳥の博物館名誉館長(現在に至る)
  • 2017年11月4~5日 ジャパンバ-ドフェスティバル2017実行委員長

★研究テーマ

  • クールジャパンの海外での展開及び江戸文化との関係関する研究

  • 「ペット文化」「鳥文化」についての、近世以降のメディア表象に関する研究

  • 近未来における人間の「移動価値」の変容、および「移動体」の近未来

研究方法

  • 文化人類学を核とした文理融合
  • フィールドワーク、インタビュー、内容分析などによる質的調査
  • 史料・図絵のデータベース化&シーソラス構築によるノンパラメトリック的PJ法による解読

専攻

  • 情報人類学
  • 動物とくに鳥とペットの文化誌

主な著書

主な編著

  • 『ヒトと動物の関係学 シリ−ズ』全4巻(岩波書店)2009年

主な訳書

  • 『ビル・ゲイツ』(J.ウォレス他著、翔泳社)
  • 『さぁ、横になって食べよう−−−失われた生活様式』(B.ルドフスキー著、鹿島出版会)
  • 『ジェスチュア−−−しぐさの西洋文化』(D.モリス著、共訳、角川選書)
  • 『イヌのこころがわかる本』(M.W.フォックス著、共訳、朝日新聞文庫)
  • 『ネコのこころがわかる本』(M.W.フォックス著、共訳、朝日新聞文庫)など。

主な論文

  • “Roots of Cool Japan:From the Japanese Traditional Edo Culture to Anime and Manga, Kwansei Gakuin University Social Sciences Review Vol. 19, 2014
  • 「上方と江戸の動物観 江戸のメディアから読む動物と人間の関係」ヒトと動物の関係学会誌Vol.18、 2007年

主な所属学会、研究会

主な公的委員

表彰

  • 日本航空創立20周年記念論文 優秀賞 
  • 関西経済同友会サイバ-適塾賞
  • LIS2016国際会議委員長Award
目次
ホーム
奥野卓司について
About OKUNO Takuji(English version)
奥野研究室所属院生/OB・OG
最終更新日
2017年11月22日
管理者
岡本 ftm47647@kwansei.ac.jp